コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸漿 カガチ

6件 の用語解説(酸漿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かがち【酸漿】

ホオズキの古名。
「目は赤―の如くして」〈・上〉

ぬか‐ずき〔‐づき〕【酸漿】

ホオズキの古名。
「―などいふもののやうにだにあれかし」〈・六七〉

ほう‐ずき〔‐づき〕【酸漿/鬼灯】

ほおずき
[補説]仮名で「ほうずき」と書くのは誤り。

ほお‐ずき〔ほほづき〕【酸漿/鬼灯】

ナス科の多年草。高さ60~90センチ。地下茎を伸ばして増える。葉は卵形で縁に粗いぎざぎざがある。6、7月ごろ淡黄白色の花が咲く。その後、萼(がく)が大きくなって果実を包み、初秋、果実が熟して萼とともに赤く色づく。地下茎を漢方で鎮咳(ちんがい)薬などにする。かがち。ぬかずき。 秋 花=夏》「―の相触れてこそ蝕ばめり/地蔵尊」
子供が口に入れて舌で押し鳴らすもの。ホオズキの実から中の種子をもみ出してこしらえる。またテングニシなどの貝の卵嚢(らんのう)を用いて作り、海ほおずきとよぶ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酸漿の関連情報