コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸漿 カガチ

デジタル大辞泉の解説

かがち【酸漿】

ホオズキ古名
「目は赤―の如くして」〈・上〉

ぬか‐ずき〔‐づき〕【酸漿】

ホオズキの古名。
「―などいふもののやうにだにあれかし」〈・六七〉

ほう‐ずき〔‐づき〕【酸漿/鬼灯】

ほおずき
[補説]仮名で「ほうずき」と書くのは誤り。

ほお‐ずき〔ほほづき〕【酸漿/鬼灯】

ナス科の多年草。高さ60~90センチ。地下茎を伸ばして増える。葉は卵形で縁に粗いぎざぎざがある。6、7月ごろ淡黄白色の花が咲く。その後、萼(がく)が大きくなって果実を包み、初秋、果実が熟して萼とともに赤く色づく。地下茎を漢方で鎮咳(ちんがい)薬などにする。かがち。ぬかずき。 秋 花=夏》「―の相触れてこそ蝕ばめり/地蔵尊」
子供が口に入れて舌で押し鳴らすもの。ホオズキの実から中の種子をもみ出してこしらえる。またテングニシなどの貝の卵嚢(らんのう)を用いて作り、海ほおずきとよぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かがち【酸漿】

ホオズキの古名。赤かがち。

ぬかずき【酸漿】

ホオズキの古名。 「 -などいふもののやうにだにあれかし/枕草子 67

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

酸漿 (カガチ)

植物。アカガチの略称

酸漿 (カタバミ)

学名:Oxalis corniculata
植物。カタバミ科の多年草,薬用植物

酸漿 (ホオズキ・ヌカズキ)

学名:Physalis alkekengi var.franchetii
植物。ナス科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

酸漿の関連キーワード球灯・毬灯・球燈・毬燈ほおずき(酸漿)市安藤宜時(初代)酸漿・鬼灯・鬼燈七味唐辛子草市(盆)紅灯・紅燈四万六千日赤加賀知赤加賀智地下茎地蔵尊枕草子浅草寺赤酸漿果実提灯うに球灯

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android