コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶化陶器 ようかとうきvitreous china

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溶化陶器
ようかとうき
vitreous china

アメリカで発明された吸水率の低い陶器。 1927年から工業生産が始められた。軟質陶器,硬質陶器などが吸水率 10%以下なのに対し,溶化陶器は 0.5%以下である。アメリカ標準局の定義では,あくまで溶化 (ガラス化) vitrificationしていて,均一な組織をもち,開孔のない素地で,白色,破面は均質で粒子が密につまり,気孔のないもの,となっている。急冷によってもひび割れしない長所があり,陶器のなかで高級品とされる。日本では衛生陶器としてよく使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android