コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬質陶器 コウシツトウキ

デジタル大辞泉の解説

こうしつ‐とうき〔カウシツタウキ〕【硬質陶器】

1200~1300度の高温で焼いた陶器。陶器と磁器との中間的な品質をもち、透明性はない。長石質陶器。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

硬質陶器【こうしつとうき】

陶器

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうしつとうき【硬質陶器】

陶器の一。摂氏1200度ほどで素焼きをしたのち、釉うわぐすりをかけて摂氏1000度ぐらいで焼き上げたもの。磁器と陶器の中間の硬度をもち、地肌は白いが、磁器のような透明性はない。食器・タイルなどに用いる。長石質陶器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

硬質陶器の関連キーワード北村 弥一郎白山(市)北村弥一郎友田 安清給排水設備ニッコー溶化陶器衛生陶器松風嘉定友田安清朝鮮美術タイル素焼き硬度地肌摂氏寺井松任

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android