コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬質陶器 コウシツトウキ

デジタル大辞泉の解説

こうしつ‐とうき〔カウシツタウキ〕【硬質陶器】

1200~1300度の高温で焼いた陶器。陶器と磁器との中間的な品質をもち、透明性はない。長石質陶器。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

硬質陶器【こうしつとうき】

陶器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こうしつとうき【硬質陶器】

陶器の一。摂氏1200度ほどで素焼きをしたのち、釉うわぐすりをかけて摂氏1000度ぐらいで焼き上げたもの。磁器と陶器の中間の硬度をもち、地肌は白いが、磁器のような透明性はない。食器・タイルなどに用いる。長石質陶器。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

硬質陶器の関連キーワードデンマーク文学平城遷都1300年記念事業日本のおもな学会・協会断熱煉瓦エーゲ海建築インド哲学度量衡シャハブ3弾道ミサイルアジアゾウの減少小崎正義