コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶菌 ヨウキン

世界大百科事典 第2版の解説

ようきん【溶菌 bacteriolysis】

細菌に特異的に反応する抗体(溶菌素bacteriolysin)が補体の存在下でその菌が溶ける現象をさす場合と,細菌内に入ったファージが菌を溶かす現象をさす場合とがある。前者には,コレラ菌で免疫されたモルモット腹腔内に生きたコレラ菌を入れると菌が死んで溶けるパイファー現象(1894年にパイファーR.F.Pfeifferが発見),菌と抗体の混合液に補体を含む動物新鮮血清を加えると試験管内で溶菌現象が起こるナイサー=ウェクスベルグNeisser‐Wechsberg現象等が古くから知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ようきん【溶菌】

抗体が細菌と反応し、補体の存在下でその細菌を死滅溶解させること。
バクテリオファージが細菌内に入り、細菌を溶かすこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

溶菌の関連キーワードアルフレッド・デー ハーシープファイファー現象ビルレントファージバクテリオシンメチニコフ現象セファレキシンパイフェル現象アンピシリン抗原抗体反応ペニシリンハーシェイリゾチーム抗生物質化学療法感受性菌ピオシンルウォフ卵料理デレル溶原菌

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android