コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶融スラグ ヨウユウスラグ

デジタル大辞泉の解説

ようゆう‐スラグ【溶融スラグ】

廃棄物や焼却をセ氏1300度以上の炉に入れ、有機物を燃焼させ、無機物を溶融した後、空気中または水中で冷却し固化して得られるガラス質の固形物。土木・建築資材として有効利用される。溶融固形物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

溶融スラグ

ごみを焼いて残った灰を約1500度の高温で溶かし、急速に冷やすなどして固化させた直径数ミリのガラス状の物質。灰の容積を減らし、ダイオキシン類も削減できるほか、路盤材やコンクリート側溝縁石にリサイクルできるとして環境面で注目された。06年には利用を促進する狙いから日本工業規格(JIS)が制定された。

(2009-01-14 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

溶融スラグの関連キーワード放射能汚染の汚泥推奨管理方法名古屋市のごみ処理基本計画エレクトロスラグ溶解法エレクトロスラグ溶接ガス化溶融炉下水道固化体廃棄物スラグ可燃塵ごみ高炉製錬

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

溶融スラグの関連情報