コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶融スラグ ヨウユウスラグ

デジタル大辞泉の解説

ようゆう‐スラグ【溶融スラグ】

廃棄物や焼却灰をセ氏1300度以上の炉に入れ、有機物を燃焼させ、無機物を溶融した後、空気中または水中で冷却し固化して得られるガラス質の固形物。土木・建築資材として有効利用される。溶融固形物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

溶融スラグ

ごみを焼いて残った灰を約1500度の高温で溶かし、急速に冷やすなどして固化させた直径数ミリのガラス状の物質。灰の容積を減らし、ダイオキシン類も削減できるほか、路盤材やコンクリートの側溝や縁石にリサイクルできるとして環境面で注目された。06年には利用を促進する狙いから日本工業規格(JIS)が制定された。

(2009-01-14 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

溶融スラグの関連キーワード平城遷都1300年記念事業日本のおもな学会・協会シャハブ3弾道ミサイルアジアゾウの減少FMC断熱煉瓦ワーツラフ2世小崎正義イナームガオン遺跡野田江里子

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

溶融スラグの関連情報