コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滅却 メッキャク

デジタル大辞泉の解説

めっ‐きゃく【滅却】

[名](スル)ほろびること。すっかりなくなること。また、ほろぼすこと。すっかりなくすこと。「心頭を滅却すれば火もまた涼し」
「敵艦過半―し、水雷艇殆んど全滅の今日」〈独歩・愛弟通信〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めっきゃく【滅却】

( 名 ) スル
ほろぼしなくすこと。また、ほろびること。 「其人民の権利を-し/民約論

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

滅却の関連キーワード中国・宋代の禅の公案集軍隊生活の屈従と偉大ビスターミーめっきめっきカレーの市民ジュナイドゴドウィン七難即滅日未生以前神秘主義快川紹喜恵林寺民約論河上肇没却沾洲ほろ心頭

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

滅却の関連情報