琵琶記(読み)びわき

日本大百科全書(ニッポニカ)「琵琶記」の解説

琵琶記
びわき

中国、元末の南曲。42齣(せき)(場)。高明(こうめい)(1305?―80?)作。蔡伯喈(さいはくかい)は父の命令で新婚の妻趙五娘(ちょうごじょう)と別れ上京し、会試に状元(じょうげん)で及第する。牛丞相(ぎゅうじょうしょう)の婿に選ばれ、固辞するが許されず、そのまま牛府で丞相の娘と新婚生活に入る。故郷では飢饉(ききん)が続き、五娘は糠(ぬか)で飢えをしのぎ、舅(しゅうと)と姑(しゅうとめ)に孝養を尽くすが2人とも死ぬ。五娘は髪を売って2人を埋葬し、その肖像をかいて背負い、琵琶を弾き物ごいをしながら夫を尋ねて上京する。いくつかの困難にあい、牛府にたどり着くと、新夫人牛氏の同情を得て夫と対面し、牛氏とともに夫人に認められ団円に終わる。

 蔡生と趙女の話は民間の語物に古くから扱われ、金の院本(いんぽん)には『蔡伯かい』の題名がみえ、元曲にも趙女が裳裾(もすそ)で土を運び舅や姑の墓をつくることが引かれている。早期の南曲『趙貞女蔡二郎』は、伯喈が都で官につき、尋ねてきた前妻を馬ではね、彼も雷に打たれて死ぬ。また『張協状元』は、命を救ってくれた貧女と結婚した張協が、出世後、彼女の卑しい身分を嫌い切りつけるが、再婚した相手は皮肉なことに前妻だった話で、身分の卑しい前妻に背き富貴にあこがれるという劇が少なくない。『琵琶記』はこうした温州(高明の故郷)に流行していた劇をもとにして、主人公は故郷の妻や両親を気にしつつ二重結婚の生活を送り、結末も一夫二妻の団円に改められた。民間芸能であった南曲に文人が筆を染めたのは『琵琶記』に始まるといわれ、故郷の窮状と牛府の豪奢(ごうしゃ)な生活を交互に演出し、五娘のけなげな生き方と伯喈の苦悩を対照的に描く構成は、素朴で真実味あふれる歌詞とともに高い評価を受け、明清(みんしん)を通して伝奇(長編戯曲)の手本とされた。戯曲史上重要な作品である。現存テキストは十数種に上るが、『元本琵琶記校注』(銭南揚注、1980・上海(シャンハイ)古籍出版)が便利である。

[平松圭子]

『浜一衛訳『琵琶記』(『中国古典文学全集33』所収・1969・平凡社)』『『青木正児全集3 支那近世戯曲史』(1962・春秋社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「琵琶記」の解説

琵琶記
びわき

元末期の高明 (こうめい) の戯曲
南曲の代表作。後 (こうかん) の学者蔡邕 (さいゆう) の妻趙五娘が都へ受験に出て帰らぬ夫の留守中,両親に孝養をつくし,琵琶をひいて都へ夫を探しにゆき,再会する貞節物語。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「琵琶記」の解説

びわき ビハキ【琵琶記】

中国元代末から明代初期の詞曲。四二幕。高明の作。妻を残して上京した蔡邕(さいよう)は進士試験に首席で合格し、勅令で宰相(牛僧孺)の娘婿となる。郷里の妻趙五娘は琵琶語りとなって夫を捜しに苦労して上京。新夫人の計らいによって五娘が正妻に牛氏が第二夫人として大団円を迎える。古くからある民間伝承に取材した伝奇作品で、南曲の傑作と評され、北曲の「西廂(せいそう)記」と併称される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「琵琶記」の解説

琵琶記
びわき
Pi-pa-ji

中国の戯曲。元末明初の高明の作。 42幕。温州で『趙貞女二郎』の名で流行していたものを改編したもので,都へ上り出世する蔡 邕 (さいよう) と,郷里で困窮しながら舅姑に孝養を尽す妻の趙五娘が主人公。構成,歌辞ともにすぐれ,古来南曲の最高傑作とされてきたが,1956年この作品の評価に関して中国の学界で広範な論争が行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「琵琶記」の解説

琵琶記【びわき】

中国,元末〜明初に成立した戯文。全42幕。高明〔1305-1380〕の作。《還魂記》とともに南曲の二大傑作。後漢の蔡【よう】(さいよう)の二人の妻,趙五娘(ちょうごじょう)の貞節と牛氏の婦徳が主題。明の太祖(洪武帝)が愛好し,連日演じさせたと伝える。
→関連項目四大奇書

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「琵琶記」の解説

びわき【琵琶記 Pí pa jì】

中国,元末・明初の長編戯曲。南方系の楽曲による戯文。作者高明は文人としても著名。後漢の蔡邕(さいよう)の出世と栄華な生活に,故郷に残された両親や妻の趙五娘の苦労を,対照させつつ筋を展開し,趙五娘の貞節を強調した作品。宋・元以来の戯文復興の祖に推される傑作で,宋・元の芝居では蔡邕が不孝不貞で,雷のために死ぬという天罰をこうむることになっていたが,高明は,夫婦の再会による団円の結末とした。【岩城 秀夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の琵琶記の言及

【戯文】より

…その契機を作ったのは,元末・明初の文人高明である。高明は至正年間(1341‐68)の進士であり,詩人としても知られていたが,後漢の蔡邕(さいよう)を主人公とする《琵琶記》を書いた。これが傑作として世間に喧伝されたことから,戯曲に対する従来の価値観に変化をきたすことになった。…

※「琵琶記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android