コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メツ

デジタル大辞泉の解説

めつ【滅】

仏語。
㋐四相の一の滅相。「に入る」
㋑煩悩や苦悩の消滅。「苦集(くじゅう)道」「諦」
㋒悟りの境地。涅槃(ねはん)。滅度。
㋓死ぬこと。特に、釈迦(しゃか)の死。仏滅。
滅びること。消え失せること。消滅。
「一切の法は久しからずして皆、―有り」〈今昔・三・二九〉

めつ【滅】[漢字項目]

常用漢字] [音]メツ(呉) [訓]ほろびる ほろぼす
存在しているものを絶やしなくする。なくなる。ほろびる。「滅却滅私滅亡湮滅(いんめつ)壊滅撃滅幻滅死滅自滅消滅衰滅絶滅殲滅(せんめつ)全滅破滅不滅撲滅摩滅
火が消える。「点滅明滅
仏や高僧の死。「入滅仏滅
[難読]滅入(めい)る滅茶(めちゃ)滅金(めっき)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めつ【滅】

ほろびること。なくなること。 「一切の法は久しからずして皆、-有り/今昔 3
涅槃ねはんのこと。釈迦や高僧の死。

めつ【滅】

【 滅 】 [音] メツ
なくなる。ほろびる。ほろぼす。 「 滅却 ・滅罪 ・滅私 ・滅亡 ・滅裂 ・壊滅 ・撃滅 ・幻滅 ・自滅 ・消滅 ・衰滅 ・絶滅 ・殲滅せんめつ ・全滅 ・不滅 ・撲滅 ・摩滅 」
火がきえる。 「 点滅 ・明滅 」
死ぬ。釈迦や高僧の死についていう。 「 滅後 ・滅度 ・寂滅 ・入滅 」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

滅の関連キーワードクラッシュシンドローム蜘蛛の振る舞ひ生き身は死に身十八不共法貯留・瀦留陰陰滅滅化学療法弱肉強食念念生滅無余涅槃薪尽く等しむ墨滅歌滅門日昭然滅紫没滅寂静四諦挫創

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

滅の関連情報