コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滅紫 けしむらさき

色名がわかる辞典の解説

けしむらさき【滅紫】

色名の一つ。「めっし」とも読む。紫根しこんによる暗い灰色みの。「滅」は色を減じたことを意味する。古来から用いられた色で『延喜式えんぎしき』にも記述がある。低温で染色すると明るい紫になり、高温で染色すると滅紫のような暗い紫になるという。他の紫と同様に高貴な色であった。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けし‐むらさき【滅紫】

くすんだ紫色。めっし。

めっ‐し【滅紫】

黒ずんだ紫色。けしむらさき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けしむらさき【滅紫】

染め色の一。くすんだ紫色。めっし。

めっし【滅紫】

くすんだ紫色。けしむらさき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

滅紫の関連キーワード浦上弥五衛門古来色名

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android