コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滅紫 けしむらさき

色名がわかる辞典の解説

けしむらさき【滅紫】

色名の一つ。「めっし」とも読む。紫根しこんによる暗い灰色みの。「滅」は色を減じたことを意味する。古来から用いられた色で『延喜式えんぎしき』にも記述がある。低温で染色すると明るい紫になり、高温で染色すると滅紫のような暗い紫になるという。他の紫と同様に高貴な色であった。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けし‐むらさき【滅紫】

くすんだ紫色。めっし。

めっ‐し【滅紫】

黒ずんだ紫色。けしむらさき。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けしむらさき【滅紫】

染め色の一。くすんだ紫色。めっし。

めっし【滅紫】

くすんだ紫色。けしむらさき。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone