コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滴定酸

栄養・生化学辞典の解説

滴定酸

 生理学の用語で,尿をpH7.4になるまで酸で滴定したときに消費されるアルカリから求める酸の量.通常,その大部分はリン酸である.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

滴定酸の関連キーワードアルカローシスアルカリ性土壌生物電池pH(ペーハー)(水素イオン濃度指数)海の酸性化pHアルカリ性土壌中性トリス緩衝溶液乳酸脱水素酵素

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone