コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漆瘡 ウルシカブレ

デジタル大辞泉の解説

うるし‐かぶれ【漆×瘡】

ウルシに触れたり接近したりしたときに起こる急性皮膚炎。赤くはれて湿疹(しっしん)状となり、かゆみが激しい。うるしまけ。しっそう。

しっ‐そう〔‐サウ〕【漆×瘡】

うるしかぶれ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うるしかぶれ【漆瘡】

ウルシ科植物中にあるウルシオールによる接触性皮膚炎。赤く腫れたり、水ぶくれができたりして、ひどくかゆい。うるしかせ。うるしまけ。

しっそう【漆瘡】

うるしかぶれ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

漆瘡の関連キーワードウルシオールうるしかぶれ水ぶくれ漆負け

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android