コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

演義小説 えんぎしょうせつ

1件 の用語解説(演義小説の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

演義小説
えんぎしょうせつ

中国の口語小説のうち、歴史を題材とした長編小説の呼び名。「演」は「衍(えん)」に通じ、正史などに記載されている史実(義)を、民間の伝説などで敷衍(ふえん)したものという意。中国の口語小説は、宋(そう)代に都市の盛り場で流行した講談の台本がもととなっているが、そのなかの歴史物(講史)のうち、「説三分(せつさんぶ)」とよばれてもっとも人気のあった三国時代の動乱を語る一連の講談が、まず『三国志平話』の名で小説化され、さらに元(げん)末明(みん)初に至って羅貫中(らかんちゅう)がそれを『三国志通俗演義』の名で大成したのが始まりで、その後、他の時代についても「演義」の呼称が踏襲された結果、それらをあわせて演義小説とよぶようになった。『西漢通俗演義』『隋唐(ずいとう)演義』など、ほぼ各時代がそれぞれ小説化されたが、ついに『三国志通俗演義』に及ぶものは現れなかった。なお、もっと短い一時期や、さらに個人の歴史を描く小説に「演義」の名を用いた例もある。[今西凱夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の演義小説の言及

【演義体小説】より

…中国の演義小説にならって書かれた,江戸中・後期の長編の歴史小説。演義小説とは,《三国志演義》のように,史実を文学的に潤色し,俗語を用いて書いた小説をいう。…

※「演義小説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone