演習林ペンたて(読み)えんしゅうりんぺんたて

事典 日本の大学ブランド商品の解説

演習林ペンたて

文房具
東京大学東京都文京区)の大学ブランド。
コミュニケーションマークの入ったペン立て。農学生命学研究科附属演習林(通称・科学の森教育研究センター)北海道演習林の木を用いてつくられた。北海道では馴染みの深いオヒョウとポプラの2種類の樹木を使用。オヒョウ(ニレ科)は、街路樹・公園樹として親しまれているハルニレの仲間で、繊維が極めて強いことから、アイヌ民族の着物アッシの材料にもなる。ポプラ(ヤナギ科)は、街路樹・公園樹・防風林として知られる樹木。価格は、1100円(税込)。東京大学コミュニケーションセンター取り扱い。
(注)記載内容は事典編集当時(2010年2月)のものです。内容・価格等はその後に変更になった場合もあります。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の大学ブランド商品」事典 日本の大学ブランド商品について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android