コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢武内伝 かんぶないでんHan-wu nei-zhuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢武内伝
かんぶないでん
Han-wu nei-zhuan

中国,六朝時代志怪小説。作者未詳。前漢の武帝の行状を書いたもの。『漢武帝内伝』ともいう。同じような書である『漢武故事』とともに,後漢の班固の作と称するが,いずれも六朝人の偽作と考えられている。『漢武故事』にも記されている武帝の行状のうち,神仙との交渉をおもに述べたもので,特に西王母と会って宴をともにし,仙書を授けられる話が中心になっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報