コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢語讃 かんごさん

1件 の用語解説(漢語讃の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんごさん【漢語讃】

声明(しようみよう)曲の分類名。〈かんごのさん〉ともいう。讃の類で,漢文の詞章を音読するもの。五言または七言四行の韻文が普通。梵語讃より種類が少なく,通常用いるのは《四智漢語讃》《心略漢語讃》《吉慶(きつきよう∥きつけい)漢語讃》《諸天漢語讃》ぐらいで,ほかに《不動漢語讃》などがある。一般に無拍の曲で,ユリなどの装飾的なフシを主とする曲節だが,天台系では《諸天漢語讃》を有拍かつ旋律的に唱える。梵語讃と同様に密教立(みつきようだて)の法要に用い,その主要部分の前後に前讃・後讃として用いたり,長い法要の中間の折り目に中間讃(ちゆうげんさん)として用いたりするが,詞章の内容が法要の内容と一致するとはかぎらない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の漢語讃の言及

【讃】より

…讃はもっとも声明らしい曲種で,法要の随所に配されるが,讃自身が法要の中心となることはない。詞章は仏・菩薩等の徳を賛美する内容をもち,漢語讃梵語讃とがあるが,後者のほうが曲数が多い。漢語讃は,5音または7音一句の韻文で書かれているが,梵語讃の場合は,原語の韻律が伝わっていないために,詩形が判然としない曲が多い。…

【漢語讃】より

…五言または七言四行の韻文が普通。梵語讃より種類が少なく,通常用いるのは《四智漢語讃》《心略漢語讃》《吉慶(きつきよう∥きつけい)漢語讃》《諸天漢語讃》ぐらいで,ほかに《不動漢語讃》などがある。一般に無拍の曲で,ユリなどの装飾的なフシを主とする曲節だが,天台系では《諸天漢語讃》を有拍かつ旋律的に唱える。…

※「漢語讃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone