伽陀(読み)カダ

世界大百科事典 第2版の解説

かだ【伽陀】

声明(しようみよう)曲の分類名。漢文の詞章を音読する曲で,五言または七言4行の韻文が普通。曲節の特色は,詞章の文字に母韻を重ねて〈か〉なら〈かアアア〉などと発音し,その母韻に多くの装飾的旋律を付して唱えるところにある。したがってただ聞いては歌詞が判明しにくいことが多い。なお漢語讃の類も詞章は陀と同種の構造だが,曲節の形式に相違があり,伽陀ほど装飾的でない。伽陀にはしばしば雅楽の管楽器の伴奏が付される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かだ【伽陀】

〘名〙 (gāthā の音訳。「諷誦」と訳す) 広義には韻文体の歌謡、漢文の詩句、偈文など、狭義には十二部経の一つで、経文の一段、または全体の終わりにある韻文体の詩句をいう。
※今昔(1120頃か)二四「人の普賢講行ひ候つる伽陀に付て笛をぞ終夜吹き候つる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の伽陀の言及

【偈】より

…サンスクリットのqāthāを音訳して偈陀(げた)・伽陀(かだ),意訳して偈頌(げじゆ),略して頌という。韻文で1句が五言,または七言で表現され,4句をもって一偈とするが,とくに長いものは重頌と称する。…

※「伽陀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android