コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密教立 みっきょうだて

世界大百科事典 第2版の解説

みっきょうだて【密教立】

寺事(てらごと)の分類名。顕教立(けんぎようだて)に対する名称。略称は密立(みつだて),顕立(けんだて)。一定の順序で印を結び真言を唱えていくことで諸尊を供養するなど,秘儀を伴う法要を密教立といい,〈理趣三昧(りしゆざんまい)〉〈曼陀羅供(まんだらく)〉などがこれに属する。これに対し,教義や教史を言葉で説くことを主にする法要を顕教立といい,〈講讃〉〈竪義(りゆうぎ)〉〈講式〉などがこれに属する。なお,礼拝行(らいはいぎよう)である〈悔過作法(けかさほう)〉などは,両者のいずれとも性格が異なるので,これらを別立(べつだて)と考えて3分類するほうがわかりやすいが,顕密に二分して考える場合は,顕教立に含める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

密教立の関連キーワード二箇法要四箇法要漢語讃六器大壇

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android