コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 さん

5件 の用語解説(讃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


さん

偈頌 (げじゅ) によって仏,菩薩,祖師あるいは教法などを賛嘆したもの。サンスクリット語の賛歌を梵讃,漢語の賛歌を漢讃,日本語の賛歌を和讃という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


さん

「倭の五王 (わ-ごおう)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

さん【讃 zàn】

中国の仏教で法会や日常の勤行に詠唱された歌。讃文ともいう。敦煌から出た唐代写本の例はみな七言句で長短不定。1韻で通すものと換韻するものとの2種がある。梵語の経典に用いられた偈(げ)から発展したもので,宗旨を述べたり仏の徳をたたえたりしたものが多い。〈涅槃(ねはん)讃〉〈浄土讃〉〈念仏讃〉〈出家讃〉など。〈悉達太子讃〉(全60句)は《悉達太子修道因縁》という長編の変文の冒頭に枕として用いられてもいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


さん

古代中国南朝の史書にみえる、5人の倭王(わおう)(讃、珍(ちん)、済(せい)、興(こう)、武(ぶ))の1人。賛とも記され、応神(おうじん)、仁徳(にんとく)あるいは履中(りちゅう)天皇に擬せられる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

讃の関連キーワード回向文広弘明集根本仏教詠唱白馬寺六時六時の勤行六時の勤めタイの仏教パション

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

讃の関連情報