コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潰瘍性口内炎 かいようせいこうないえんUlcerative Stomatitis

1件 の用語解説(潰瘍性口内炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かいようせいこうないえん【潰瘍性口内炎 Ulcerative Stomatitis】

[どんな病気か]
 歯ぐき、舌、口蓋(こうがい)など口腔粘膜(こうくうねんまく)のいろいろな部位に潰瘍が生じるもので、病変部には灰白色かさぶたのできることが多く、潰瘍をはがすと出血することがあります。
 高熱が出て、口内の炎症や水ぶくれが生じ、ついでそれらが形の一定しない大小の潰瘍となります。
 原因として、プラウト桿菌(かんきん)、ヴァンサンスピロヘータ、ウイルスなどの感染が考えられていますが、はっきりしたことはわかっていません。
 治療は、アフタ性口内炎(「アフタ性口内炎」)と同じですが、症状のひどい場合には、抗生物質や補液が併用されることもあります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

世界大百科事典内の潰瘍性口内炎の言及

【口内炎】より

…(1)カタル性口内炎 単純性口内炎ともいわれ,粘膜の発赤と腫張,粘液分泌の増加などがみられるもので,口内の熱感,唾液の粘稠化等の症状があり,数日間で自然治癒することが多い。(2)水疱性口内炎 口腔粘膜に多数の水疱がみられるもので,水疱は短時間で破れて潰瘍となり,潰瘍性口内炎に移行する。天疱瘡の口腔内症状として現れたり,ウイルスの感染によるヘルペスアンギーナや疱疹性口内炎としてみられる。…

※「潰瘍性口内炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone