コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澱/滓 オリ

デジタル大辞泉の解説

おり【×澱/×滓】

液体の底に沈んだかす。おどみ。
すっきりと吐き出されないで、かすのようにして積もりたまるもの。「にたまった―」

でん【澱】[漢字項目]

[音]デン(呉) [訓]おり よどむ
水底にたまったかす。おり。「澱粉
よどむ。「沈澱
[補説]2は「殿」を代用字とすることがある。
[難読]沈澱(おどみ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

ワインの色素や渋み成分、酵母などが一体になったもので、の底にたまる。白ワインにはほとんどなく、年を経た赤ワインに見られる。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

おり【澱】

液体の中に沈んで底にたまった滓かす

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

澱/滓の関連キーワードファヤンス‐パネットの法則ファヤンスの沈澱の法則ブラック・スモーカースパークリングワインヴァイマルンの式ワインバスケットデキャンタージュ濁り酒/おり酒ワイマルンの式デカンタージュサイデン化学三和澱粉工業佐藤清(2)シャンパン化学沈澱物安東 次男デキャンタスラリー流メタ酒石酸シンター

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android