コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殿/舎 アラカ

10件 の用語解説(殿/舎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あら‐か【殿/舎】

《「在(あ)り処(か)」の意》御殿。宮殿。
「出雲国の多芸志(たぎし)の小浜に、天(あめ)の御―をつくりて」〈・上〉

しん‐がり【殿】

《「しりがり(後駆)」の音変化》
退却する軍列の最後尾にあって、敵の追撃を防ぐこと。また、その部隊。「隊の殿をつとめる」
隊列や順番などの最後。最後尾。「殿に控える」

でん【殿】[漢字項目]

常用漢字] [音]デン(呉) テン(漢) [訓]との どの しんがり
〈デン〉
大きくりっぱな建物。「殿堂宮殿祭殿社殿主殿昇殿寝殿神殿仏殿宝殿本殿
軍隊の最後部。しんがり。「殿軍
相手に対する敬称。「貴殿
」の代用字。「沈殿
〈テン〉1に同じ。「殿上(てんじょう)御殿
〈との(どの)〉「殿方殿様高殿若殿
[名のり]あと・すえ

との【殿】

貴人の住む大きな邸宅。やかた。ごてん。
「―より人なむ参りたる」〈大和・一七一〉
《邸宅に住む人をさしていう》
㋐貴人に対する敬称。
「―は、今こそいでさせ給ひけれ」〈・少女〉
摂政関白に対する敬称。
「前(さき)の―の御女(むすめ)」〈増鏡・藤衣〉
主君に対する敬称。
「―は智者にてわたらせ給へば」〈仮・伊曽保・上〉
中世、妻の夫に対する敬称。
「―はおなじ心にもおぼさぬにや、とて」〈宇治拾遺・六〉
女から男をさしていう敬称。殿御(とのご)。殿方。
「起上り小法師、やよ、―だに見ればつい転ぶ」〈虎明狂・二人大名
[補説]現代でも地位の高い人や主人にあたる人をさして呼ぶことがある。

どの【殿】

[接尾]
氏名・役職名などに付けて、敬意を表す。古くは、「関白殿」「清盛入道殿」など、かなり身分の高い人にも用いた。現代では、公用の文書や手紙などに多く用いる。
地名などに付いて、そこにある邸宅に対する敬称として用いる。間接的にはその邸宅に住む人への敬称としても用いる。
「六条―はさくらの唐の綺の御直衣」〈・行幸〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あらか【殿】

〔「在処ありか」の転〕
御殿。宮殿。 → みあらか

しんがり【殿】

〔「しりがり(後駆)」の転〕 軍隊が退却するとき、最後尾にあって、追ってくる敵を防ぐ役。
列・順番などの一番あと。また、最後の人。

でん【殿】

〔「てん」とも〕
大きな建物。邸宅。 「 -に入るる事をやめられけるには/平家 6
法名の下に添えて呼ぶ敬称。

との【殿】

貴人を敬っていう語。 「 -の御機嫌がよい」
女が男を敬っていう語。
妻が夫を敬っていう語。 「 -はおなじ心にもおぼさぬにや/宇治拾遺 6
摂政または関白を敬っていう語。 「 - (=摂政藤原伊尹)、そこに堂をたてん…、と/宇治拾遺 6
貴人の住む大きな建物。邸宅。 「 -より使ひひまなくたまはせて/竹取」 〔が原義。のちそこに住む人をもいうようになった〕

どの【殿】

( 接尾 )
〔名詞「との(殿)」から〕
人名や官職名などに付けて、敬意を添える。 「山田太郎-」 「部隊長-」 〔古くは、「関白-」「清盛入道-」など、かなり身分の高い人に付けても用いた。現在では、目下に対してや事務的・公式的なものに用いることが多く、少なくとも、目上に対しての私信にはほとんど用いない〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の殿/舎の言及

【合戦】より

…その編成表が分限帳(ぶげんちよう)であるが,それによれば大名の軍隊は,家老を大将とするほぼ1万石程度の戦闘単位である備(そなえ)によって構成され,大名自身も旗本備または本陣と呼ばれる直属の戦闘単位を率いた。各備は先備(さきぞなえ)・二の備・本陣・殿(しんがり)のように合戦における役割によって配列され,本陣からの命令は使番(つかいばん)によって伝達され,その実行が監察された。備の内部は押(おし)(行軍)の順序に従って編成され,先頭には大型の旗数本を持つ旗指(はたさし)の集団が配置され,旗奉行が統率する。…

※「殿/舎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone