殿(読み)との

精選版 日本国語大辞典「殿」の解説

との【殿】

〘名〙
[一] 建物。
① 身分の高い人の住む大きな邸宅。また、宮殿、社殿あるいは役所など公の建物。
※書紀(720)崇神八年四月・歌謡「味酒(うまざけ) 三輪の等能(トノ)の 朝戸にも 出でて行かな 三輪の殿戸を」
源氏(1001‐14頃)桐壺「里の殿は、〈略〉二なう改め造らせ給ふ」
② 建物としての邸宅と、そこに住む貴人をふくめていう。
※万葉(8C後)一四・三四三八「都武賀(つむが)野に鈴が音聞こゆ上志太の等能(トノ)の仲郎(なかち)し鳥猟(とがり)すらしも」
[二] 邸宅の意から、その邸宅に住む人をさしていう。
① 一般に、身分の高い人を尊んでいうのに用いる。
※枕(10C終)二五「外(ほか)よりきたる者などぞ、とのはなににかならせ給ひたる、などとふに」
② 中古には、特に摂政・関白の地位にある人の敬称として用いる。
※枕(10C終)一〇四「との・上、暁に一つ御車にてまゐり給ひにけり」
③ 中世以降、主君、主人をさしていう。
※源平盛衰記(14C前)二〇「殿を見捨てて家安が生き残りては何にかせん」
④ 妻から夫をさしていう敬称。
※宇治拾遺(1221頃)六「あまりに恋しくかなしくおぼえて、殿は同じ心にもおぼさぬにや、とてさめざめと泣く」
⑤ 女から男をさしていう。やや敬っていういい方。とのご。
※虎明本狂言・二人大名(室町末‐近世初)「京に京にはやるおきゃがりこぼしやよ、とのだに見ればつひころぶ」

どの【殿】

〘接尾〙 (名詞「との(殿)」が接尾語化したもの)
地名などに付いて、そこにある邸宅に対する尊称として用いる。間接的にその邸宅に住む人を表わす場合もある。古くは「でん」と字音で読まれたともいう。
※源氏(1001‐14頃)行幸「六条どのはさくらのからのきの御直衣、いまやういろの御ぞひきかさねて」
人名官職名などに付けて、敬意を表わす。古くは、「関白殿」「清盛入道殿」などかなり身分の高い人に付けても用いたが、現代では、官庁など公の場で用いるほか、書面などでの形式的なもの、または下位の者への軽い敬称としても用いる。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「誠楽に右大臣殿のきたのかたもわたり給へり」
[語誌]官職名を持つ人物に対して、その官職名に付けたが、鎌倉末期には官職のない人物に対して、人名に付ける用法も起こり、「殿」の敬意は低下した。そして「殿」に代わって十分な敬意を表わせる「様」の使用が盛んになる。

しん‐がり【殿】

〘名〙 (「後駆(しりがり)」の変化した語)
① 軍が退却するとき、軍列の最後にあって敵の追撃に備えること。また、その軍隊。あとぞなえ。しっぱらい。
※鎌倉大草紙(16C中か)「景春を退治すべしとて、太田道真を殿(しんがり)にて利根川をわたり」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「野風(のかぜ)陣没(うちじに)して活路(みち)を開く八代(やつしろ)殿戦(シンガリ)して飛矢(ながれや)に当る」
隊列・序列・順番などの最後につくこと。また、そのもの。最後尾。いちばんあと。最下位。しっぱらい。
※はやり唄(1902)〈小杉天外〉三「下男の儀助は正直に殿(シンガリ)をして、〈略〉のっそり附いて来る」

でん【殿】

〘名〙 (「てん」とも。「でん」は呉音、「てん」は漢音)
① 貴人の邸宅または社寺などの建物。たかどの。
※古事談(1212‐15頃)二「小野宮殿為尊者。殿きたなげ也」 〔漢書‐賈山伝〕
② 律令制で、官人の考課(勤務成績評価)の等級(九等考第)を決定する場合の要素の一つ。評価を低くする要素。官人が公罪、私罪を犯して贖銅(しょくどう)で罪を償う場合、私罪は贖銅一斤、公罪は贖銅二斤を一負とし、十負を一殿とする。一殿につき考第を一等ずつ下げる規定であった。〔令義解(718)〕

あら‐か【殿】

〘名〙 (「在処(あらか)」の意。「御(み)」を伴って用いられることが多い) 宮殿。居所。→みあらか
古語拾遺(嘉祿本訓)(807)「端殿 古語にはみづのみ阿良可(アラカ)といふ」
[語誌]古く神、天皇の宮殿、居所をいい、挙例のように、当時すでに古語となっており、以後文献には、「日本書紀」の古訓にミヤラカなどと見えるぐらいである。また、元来は(みづ)のあらわれるところ「顕処(あらか)」の意と考える説もある。

でん‐・す【殿】

〘自サ変〙 しんがりをつとめる。あとおさえとなる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「殿」の解説

との【殿】

貴人の住む大きな邸宅。やかた。ごてん。
「―より人なむ参りたる」〈大和・一七一〉
《邸宅に住む人をさしていう》
㋐貴人に対する敬称。
「―は、今こそいでさせ給ひけれ」〈・少女〉
摂政関白に対する敬称。
さきの―の御女むすめ」〈増鏡・藤衣〉
主君に対する敬称。
「―は智者にてわたらせ給へば」〈仮・伊曽保・上〉
中世、妻の夫に対する敬称。
「―はおなじ心にもおぼさぬにや、とて」〈宇治拾遺・六〉
女から男をさしていう敬称。殿御とのご。殿方。
「起上り小法師、やよ、―だに見ればつい転ぶ」〈虎明狂・二人大名
[補説]現代でも地位の高い人や主人にあたる人をさして呼ぶことがある。
[類語]領主藩主藩侯城主殿様諸侯大名小名

でん【殿】[漢字項目]

常用漢字] [音]デン(呉) テン(漢) [訓]との どの しんがり
〈デン〉
大きくりっぱな建物。「殿堂宮殿祭殿社殿主殿昇殿寝殿神殿仏殿宝殿本殿
軍隊の最後部。しんがり。「殿軍
相手に対する敬称。「貴殿
」の代用字。「沈殿
〈テン〉1に同じ。「殿上てんじょう御殿
〈との(どの)〉「殿方殿様高殿若殿
[名のり]あと・すえ

どの【殿】

[接尾]
氏名・役職名などに付けて、敬意を表す。古くは、「関白殿」「清盛入道殿」など、かなり身分の高い人にも用いた。現代では、公用の文書や手紙などに多く用いる。
地名などに付いて、そこにある邸宅に対する敬称として用いる。間接的にはその邸宅に住む人への敬称としても用いる。
「六条―はさくらの唐のの御直衣」〈・行幸〉
[類語]さん

しん‐がり【殿】

《「しりがり(後駆)」の音変化》
退却する軍列の最後尾にあって、敵の追撃を防ぐこと。また、その部隊。「隊の殿をつとめる」
隊列や順番などの最後。最後尾。「殿に控える」
[類語]びりどんじりどんけつびりっけつ最後しりけつ最後尾末尾

あら‐か【殿/舎】

《「」の意》御殿。宮殿。
「出雲国の多芸志たぎしの小浜に、あめの御―をつくりて」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の殿の言及

【合戦】より

…その編成表が分限帳(ぶげんちよう)であるが,それによれば大名の軍隊は,家老を大将とするほぼ1万石程度の戦闘単位である備(そなえ)によって構成され,大名自身も旗本備または本陣と呼ばれる直属の戦闘単位を率いた。各備は先備(さきぞなえ)・二の備・本陣・殿(しんがり)のように合戦における役割によって配列され,本陣からの命令は使番(つかいばん)によって伝達され,その実行が監察された。備の内部は押(おし)(行軍)の順序に従って編成され,先頭には大型の旗数本を持つ旗指(はたさし)の集団が配置され,旗奉行が統率する。…

※「殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android