コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濃色麦芽 のうしょくばくが

飲み物がわかる辞典の解説

のうしょくばくが【濃色麦芽】


麦から麦芽を作る際の焙燥を比較的高い温度で行い、焦がして濃い褐色にした麦芽。多くの場合、120℃くらいまで温度をあげて加熱する。黒ビールなどの色の濃いビールの製造に、淡色麦芽に少量混ぜて用いる。麦芽の酵素は失活してでん粉を糖化する働きはないが、ビールに色や風味の特徴を持たせるために使う。⇒淡色麦芽

出典|講談社飲み物がわかる辞典について | 情報

濃色麦芽の関連キーワードアサヒ黒生黒ホッピー

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

濃色麦芽の関連情報