コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糖化 トウカ

4件 の用語解説(糖化の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐か〔タウクワ〕【糖化】

[名](スル)でんぷんやセルロースなどの多糖類加水分解されて、ぶどう糖や果糖などの低分子量の糖になること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

糖化【とうか】

デンプン,セルロース等の多糖類が,酵素や酸で加水分解されて糖に変わる反応。たとえば,α‐デンプンに麦芽を加えると,麦芽に含まれる酵素ジアスターゼの作用で麦芽糖が生じる反応など。
→関連項目加水分解

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

糖化

 デンプンを酸や酵素によって加水分解すること.甘味が生じるので,糖化といわれる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とうか【糖化】

( 名 ) スル
セルロースやデンプンなどの多糖類を希酸や酵素により加水分解し、甘味のあるスクロース(ショ糖)や D -グルコース(ブドウ糖)などの糖類に変えること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

糖化の関連キーワードグルカン多糖類ヘミセルロースムコ多糖類澱粉澱粉糖葡萄糖デンプン糖生デンプン分解酵素難消化性多糖

糖化の関連情報