糖化(読み)トウカ

百科事典マイペディアの解説

糖化【とうか】

デンプン,セルロース等の多糖類が,酵素や酸で加水分解されて糖に変わる反応。たとえば,α‐デンプン麦芽を加えると,麦芽に含まれる酵素ジアスターゼの作用で麦芽糖が生じる反応など。工業的にも醸造業等で重要。
→関連項目加水分解

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

とうか【糖化】

( 名 ) スル
セルロースやデンプンなどの多糖類を希酸や酵素により加水分解し、甘味のあるスクロース(ショ糖)や D -グルコース(ブドウ糖)などの糖類に変えること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐か タウクヮ【糖化】

〘名〙 多糖類を加水分解して各種の糖に変える反応。また、その操作をもいう。天然には、動物・微生物の酵素による多糖類の消化・分解にみられる。工業的には酵素、酸類などを触媒とし、澱粉、木材、セルロースなどを分解してグルコースをつくるのに利用されるほか、発酵工業、醸造工業などにも利用される。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糖化の関連情報