コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濡壁塔 ぬれかべとうwetted‐wall column

1件 の用語解説(濡壁塔の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぬれかべとう【濡壁塔 wetted‐wall column】

垂直な固体壁に沿って液体を流下させ,その外側の空間に気体を流し,気体‐液体間に物質移動または熱移動を生じさせ,また場合によっては,流下液‐固体壁間に熱移動を生じさせる装置(図1参照)。工業的に使われる例として,合成塩化水素ガスを流下水に吸収させて塩酸を製造する場合がある。塩化水素ガスは水に易溶性で,気液接触面積をとくに拡大する必要はなく,むしろ吸収時に発生する熱を除去する必要がある。吸収熱は,固体壁を冷却することにより,容易に除去できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone