コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濡壁塔 ぬれかべとう wetted‐wall column

1件 の用語解説(濡壁塔の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぬれかべとう【濡壁塔 wetted‐wall column】

垂直な固体壁に沿って液体を流下させ,その外側の空間に気体を流し,気体‐液体間に物質移動または熱移動を生じさせ,また場合によっては,流下液‐固体壁間に熱移動を生じさせる装置(図1参照)。工業的に使われる例として,合成塩化水素ガスを流下水に吸収させて塩酸を製造する場合がある。塩化水素ガスは水に易溶性で,気液接触面積をとくに拡大する必要はなく,むしろ吸収時に発生する熱を除去する必要がある。吸収熱は,固体壁を冷却することにより,容易に除去できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

濡壁塔の関連キーワード磁力線接触角界面曳糸性液体カラムクロマトグラフィー流下薄膜式蒸発缶流動複屈折コルビノ効果熱伝導のフーリエ法則フーリエの熱伝導方程式

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone