コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬尾乃武 せお のりたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬尾乃武 せお-のりたけ

1899-1997 大正-昭和時代の能楽師大鼓(おおつづみ)方。
明治32年9月25日生まれ。葛野(かどの)流。亀井俊雄,川崎九淵(きゅうえん)らに師事し,大正13年「三輪」で初舞台。素手で打つことで手と指をきたえ,ゆるぎなく的確で,すんだ音色をきかせる。昭和44年宗家預かりの役につく。59年人間国宝。平成9年10月14日死去。98歳。東京出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の瀬尾乃武の言及

【葛野流】より

…明治期に入り9世九郎兵衛定睦の後宗家は絶えたが,津村又喜が大鼓三名人の一人として活躍し,その弟子川崎利吉(後の川崎九淵)も,名人として幸流小鼓方の幸祥光(よしみつ)と共に長く囃子界をリードした。現在はその弟子の瀬尾乃武(のりたけ)(1899‐1997)が宗家を預かっている。【高桑 いづみ】。…

※「瀬尾乃武」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

瀬尾乃武の関連キーワード[各個指定]芸能部門三王 礼夫桜間 辰之昭和時代葛野流

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android