コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬川昌耆 せがわ まさとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬川昌耆 せがわ-まさとし

1856-1920 明治-大正時代の小児科学者。
安政3年4月17日生まれ。東京大学を卒業して宮城医学校(東北大医学部の前身)教諭となり,明治19年同校長。ドイツ留学後,31年東京本所に小児科専門の江東病院を,神田駿河台(するがだい)に瀬川小児病院を設立した。大正9年12月21日死去。65歳。江戸出身。号は古堂,渋紙庵。著作に「病児虚弱児の養育法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

瀬川昌耆の関連キーワード大正時代