コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬川昌耆 せがわ まさとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬川昌耆 せがわ-まさとし

1856-1920 明治-大正時代の小児科学者。
安政3年4月17日生まれ。東京大学を卒業して宮城医学校(東北大医学部の前身)教諭となり,明治19年同校長。ドイツ留学後,31年東京本所に小児科専門の江東病院を,神田駿河台(するがだい)に瀬川小児病院を設立した。大正9年12月21日死去。65歳。江戸出身。号は古堂,渋紙庵。著作に「病児虚弱児の養育法」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

瀬川昌耆の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android