コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬川菊 せがわ きく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬川菊 せがわ-きく

?-? 織豊時代の女性。
肥前佐賀城主竜造寺政家の家臣瀬川采女(うねめ)の妻。文禄(ぶんろく)2年(1593)朝鮮に出征した夫への手紙軍船に託すが,船は難破し手紙をいれた小箱が博多に漂着し,豊臣秀吉のもとにとどけられる。秀吉はこれをよみ,その思慕の情をあわれみ,采女の帰国を命じたという。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。本姓は小野。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

瀬川菊の関連キーワード市山七十郎(初代)瀬川菊之丞(5世)瀬川菊之丞(4世)瀬川菊之丞(2世)坂東彦三郎(2代)瀬川菊三郎(初代)瀬川雄次郎(2代)瀬川富三郎(3代)瀬川富三郎(2代)瀬川菊之丞(6代)瀬川富三郎(初代)瀬川菊之丞(3世)瀬川吉次(初代)瀬川路考(初代)竹本小伝(2代)瀬川吉次(3代)瀬川吉次(2代)水木歌仙(3代)瀬川如皐(初代)嵐璃光(初代)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android