コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬川露城 せがわ ろじょう

2件 の用語解説(瀬川露城の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

瀬川露城

俳人。姫路生。名は正夫、号は俳禅窟。義仲寺無名庵の十五世主人となる。粟津正風会を興し、芭蕉廟の修築、散佚した寺宝の収集、境内の修理などに尽力する。昭和3年(1928)歿、78才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬川露城 せがわ-ろじょう

1851-1928 明治-昭和時代前期の俳人。
嘉永(かえい)4年生まれ。大阪,須磨にすんだのち,明治40年松尾芭蕉(ばしょう)の墓のある大津市義仲(ぎちゅう)寺の無名庵15世をつぐ。粟津(あわづ)正風会をおこし,芭蕉をまつる翁(おきな)堂の修築や境内の整備などにつとめた。昭和3年5月8日死去。78歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。本名は正夫。別号に俳禅窟。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

瀬川露城の関連キーワード二条基弘蒲生保郷来栖七郎佐藤秀蔵島津忠備谷洗馬土屋岩保西村隆次福垣真応弓場貫一

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone