コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸内技法 せとうちぎほう

1件 の用語解説(瀬戸内技法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬戸内技法
せとうちぎほう

横剥ぎ技法とも呼ばれる先土器時代西日本を中心にみられる剥片製作技法。讃岐岩 (サヌカイト) と密接に結びついた技法と考えられる。原材料になるサヌカイトに細かな調整を施し,特殊な打撃面をつくり,そこに打撃を加えて横長の剥片を連続的に取っていく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の瀬戸内技法の言及

【サヌカイト】より

…近畿,瀬戸内周辺地域では旧石器時代から縄文時代をへて弥生時代の中ごろにいたる長期にわたって利用されてきた。特筆できるのは,旧石器づくりにサヌカイトの性質をよく生かした瀬戸内技法をあみだしたことと,弥生時代の石槍と呼ばれる幅3~4cm,長さ30cmをこえる打製石器があることである。緻密で硬いため磨きにくいようで,磨製の石器はごくまれにしか発見されていない。…

【石器】より

…両面加工石器は刃の付け方から各種の削り道具であったとみられる。 日本でも石刃技法が盛んであったが,縦長な剝片である石刃に対して横長な剝片を組織的に作りだす〈瀬戸内技法〉も編みだされた。石刃,剝片類を加工して作る石器類にナイフ形石器,切出形石器,彫器,削器,搔器,台形石器がある。…

※「瀬戸内技法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

瀬戸内技法の関連キーワード櫛目文土器先土器時代無土器時代茂呂遺跡先縄文時代先土器文化無土器文化金海遺跡東京都荒川区西日暮里ミュジック・セリエル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瀬戸内技法の関連情報