コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

讃岐岩 さぬきがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

讃岐岩
さぬきがん

四国の讃岐地方に分布する古銅輝石安山岩屋島などの溶岩台地をつくり,黒色緻密で玄武岩のようにみえる。溶岩の破片には打てばよい音のするものがあって,俗にカンカン石という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

讃岐岩【さぬきがん】

サヌカイト

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

讃岐岩

玻璃質流紋石英安山岩で[Tröger : 1935],当初は古銅輝石安山岩のガラス状のものと考えられていた[Weinschenk : 1891].斜方輝石,中性斜長石がガラス質の石基に含まれる岩石である.石英や様々な有色鉱物石榴石などが副成分として伴われる.四国の香川県(讃岐国)に産出する.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

讃岐岩
さぬきがん
sanukite

四国の讃岐地方に多産する灰黒色で緻密(ちみつ)な安山岩。この安山岩は、マグネシウムに富む斜方輝石の小さな斑晶(はんしょう)以外の斑晶をほとんど含まない。石基は細粒~ガラス質で、磁鉄鉱の小さな結晶を多数含む。化学組成は島弧(弧状列島)のカルク・アルカリ岩系安山岩一般に比べてマグネシウムに富む。安山岩としてはマグネシウム対鉄の比が異常に大きいのが特徴である。この安山岩は、上部マントルをつくっている水分を含む橄欖(かんらん)岩が一部分だけ融解してできたマグマが、マグマだまりをつくらず、マグマだまりでの分別結晶作用の過程を経ずにそのまま上昇・噴出したものと考えられている。小笠原(おがさわら)諸島にも同じ特徴をもつ岩石(無人岩あるいはボニナイトboniniteという)が知られていて、まとめて高マグネシア安山岩とよばれている。讃岐岩は瀬戸内海、四国北部を中心に分布する新生代中新世後期の火山岩の一部をなしている。1891年にドイツのワインシェンクE. Weinschenk(1865―1921)が命名した。サヌカイト、カンカン石(木槌(きづち)でたたくと澄んだカンカンという音がする)ともいう。1916年(大正5)に地質学者の小藤(ことう)文次郎は、瀬戸内地域に産する讃岐岩と近縁の玄武岩~安山岩をサヌキトイドsanukitoidとよんだ。近畿・瀬戸内周辺地域では、旧石器時代から弥生(やよい)時代中期まで、サヌキトイドを含めた讃岐岩が刃物用石材として利用されていた。[千葉とき子]
『竹広文明著『サヌカイトと先史社会』(2003・溪水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の讃岐岩の言及

【サヌカイト】より

…瀬戸内海から四国北部に分布する新第三紀火山岩のなかに,マグネシウムMgに富む斜方輝石(古銅輝石)の斑晶のほかには斑晶が少なく,石基は比較的ガラス質で緻密な安山岩が産出し,これを特にサヌカイト(讃岐岩,讃岐石ともいう)と呼ぶことがある。この岩石の化学組成はマグネシウム対鉄の比(Mg/Fe比)が異常に大きい特徴があり,その一部は上部マントルの水を含んだカンラン岩が部分溶融してできたマグマが,直接上昇固結したためにできたとされている。…

※「讃岐岩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

讃岐岩の関連キーワードバハアイト瀬戸内技法葛城(市)香川(県)讃岐平野荘内半島讃岐半島国分寺丸亀市轟貝塚国分台白峰山高見島琴平山紫雲山男木島女木島佐柳島大麻山五色台

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android