コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火吹き達磨 ヒフキダルマ

デジタル大辞泉の解説

ひふき‐だるま【火吹き達磨】

火鉢などの火を吹きおこすのに用いる道具銅製などの小さい達磨形の容器で、水を入れて火のそばに置くと、熱せられて口から蒸気を吹いて火をおこす。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひふきだるま【火吹き達磨】

銅などで作った中空の達磨形の道具。中に水を入れて火のそばに置くと、沸騰して蒸気を口から吹き、火をおこす仕組みになっている。火吹き玉。 「 -やひよつとこの身代はりに立たうといふ面色めんしよくでは、かかり合はねえ事だわす/滑稽本・七偏人」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

火吹き達磨の関連キーワード滑稽本火鉢

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火吹き達磨の関連情報