コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火坑 カキョウ

デジタル大辞泉の解説

か‐きょう〔クワキヤウ〕【火坑】

仏語。火の燃えている。特に、地獄にある火の穴。また、煩悩(ぼんのう)の恐ろしさをたとえていう。かこう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かきょう【火坑】

〘仏〙 火の燃えさかる穴。特に、地獄の火の穴。また、煩悩や欲望の恐ろしさのたとえ。 「痛ましきかな再度三途の-にかへつて/平家 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

火坑の関連キーワードアーク灯平家仏語