コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火星年代記

2件 の用語解説(火星年代記の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

火星年代記

米国の作家レイ・ブラッドベリのオムニバスSF短編集(1950)。原題《The Martian Chronicles》。『火星人記録』の邦題もある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火星年代記
かせいねんだいき
The Martian Chronicles

アメリカのSF詩人レイ・ブラッドベリの代表作で、13の短編からなるオムニバス長編(1950)。1999年から2026年に至る地球人の火星探検と植民地化までの物語。火星人の敵意にあって1次から3次までの探検隊は全滅するが、次の探検隊が到着してみると、火星人は地球人から感染した水疱瘡(みずぼうそう)でほぼ全滅していた。そこで地球からの本格的植民が始まる。火星で陰鬱(いんうつ)なアッシャー家を再現するE・A・ポーに憑(つ)かれた男。死んだ妻と子供の精巧なロボットをつくって暮らしている老人。核戦争が勃発(ぼっぱつ)した地球を見限り、第二の人生を求めて火星にやってきた男などのエピソードが叙情的に、またあるときは幻想的に描かれている。[厚木 淳]
『小笠原豊樹訳『火星年代記』(ハヤカワ文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火星年代記の関連キーワード悪夢のカーニバル刺青の男永遠の夢恐竜物語黒いカーニバルさよなら僕の夏たんぽぽのお酒猫のパジャマブラッドベリがやってくる/小説の愉悦ブラッドベリはどこへゆく/未来の回廊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火星年代記の関連情報