火縄筒・火縄銃(読み)ひなわづつ

精選版 日本国語大辞典「火縄筒・火縄銃」の解説

ひなわ‐づつ ひなは‥【火縄筒・火縄銃】

〘名〙 雷管の代わりに、火縄で火薬に点火して弾丸を発射する小銃。戦国時代から江戸時代に用いられた。種子島(たねがしま)。ひなわじゅう。
※交易問答(1869)〈加藤弘之〉下「火縄銃(ヒナハヅツ)や日本船で、今時の合戦が出来るものではござらん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android