コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火踊 ひおどり

世界大百科事典 第2版の解説

ひおどり【火踊】

民俗芸能。火をまつる神事や民俗行事に発した芸能で,火祭や松明(たいまつ)行事に伴って行われる。火を神聖なものとし,火によって神を迎え,神を送る風習は広く行われており,時期は盆と正月に多い。火踊は愛知や静岡県に多く見られる。静岡県引佐(いなさ)郡引佐町渋川字寺野の観音堂では1月3日に,同町川名の薬師堂では2月8日(古くは1月8日)に修正会(しゆしようえ)に付随して行われる。〈寺野三日堂ひよんどり〉〈川名八日堂ひよんどり〉と呼ばれるが,これは本祭に先立って,本尊に献火する松明の行事からの名称で,三日堂では数名の青年が松明を大きく上下に打ち振りながら歌い踊る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone