コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火鑽臼 ひきりうす

2件 の用語解説(火鑽臼の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

火鑽臼【ひきりうす】

原始的発火器の一つ。木の台に小穴をうがち,火鑽杵(きね)で激しく摩擦して発火し,それを火口(ほくち)に受け,付木(つけぎ)に移して火を得る。用材はヒノキが主。登呂遺跡からも出土しているが,現在も伊勢神宮出雲大社では神饌(しんせん)調理用の忌火(いみび)を得る場合に使用する。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火鑽臼
ひきりうす

発火具。木と木を摩擦して火をおこすことは、人類の発見した古い発火法である。わが国には揉鑽(もみきり)法と舞鑽(まいきり)法とがあって古い神社などに伝承している。両者ともに臼といわれる木板の上に棒(杵(きね))を立てて回転摩擦することによって火を鑽(き)り出すのであるが、前者が両手で強く揉(も)み出すのに対して、後者は棒の回転にはずみ車を利用した進歩した発火法である。揉鑽法を示す火鑽臼や火鑽杵は、弥生(やよい)時代以降の遺跡から発見されており、出雲(いずも)大社や信州遠山(とおやま)の霜月(しもつき)祭などでは今日でも使用されている。舞鑽法による発火は伊勢(いせ)神宮や熱田(あつた)神宮などの神事に行われるが、この進んだ発火法は、伊勢神宮でも18世紀後半ごろ採用された模様である。[木下 忠]
『高嶋幸男著『火の道具』(1985・柏書房) ▽文化庁文化財保護部編『火鑽習俗』(1981・国土地理協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火鑽臼の関連キーワード台木穴を穿つ火器凹み石軽火器原始時代原始的重火器原始的反応差歯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone