発火(読み)はっか

精選版 日本国語大辞典「発火」の解説

はっ‐か ‥クヮ【発火】

〘名〙
が燃え出すこと。火を発すること。火薬などが瞬時にして火を発すること。
舎密開宗(1837‐47)内「発火して熱ゆ」 〔呉子‐周瑜伝〕
軍隊などが演習の際などに銃砲実弾を入れず、火薬だけで空砲を打つこと。
③ 火うち石で出した火を移し取るもの。ほくち

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「発火」の解説

はっ‐か〔‐クワ〕【発火】

[名](スル)
火を発すること。燃えだすこと。「自然に発火する」
銃砲に実弾を入れず、火薬だけこめて撃つこと。「発火信号」
火うち石で出した火を移し取るもの。火口ほくち
神経細胞に刺激が加わり、活動電位が生じること。
[類語]点火着火引火出火ほのおほむら火炎かえん光炎こうえん紅炎こうえん火柱ひばしら火先ほさき火の気火気種火火種口火火付き火加減火持ち残り火おき燠火おきび埋み火炭火火の粉火花火玉花火焚き火迎え火送り火野火

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の発火の言及

【燃焼】より


[燃焼の発生]
 燃焼を時間的な経過からみると,これは燃焼形式のいかんにかかわらず,燃焼の発生と継続の二つの過程に分かれ,それぞれ異なった特性を示す。燃焼の発生は発火(着火,点火)と呼ばれ,これには自然発火と口火による発火の二つの形式がある。前者は,可燃性の混合系または可燃性の物質が酸化性雰囲気内で,みずから燃えはじめる現象を指す。…

※「発火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android