コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発火 ハッカ

デジタル大辞泉の解説

はっ‐か〔‐クワ〕【発火】

[名](スル)
火を発すること。燃えだすこと。「自然に発火する」
銃砲に実弾を入れず、火薬だけこめて撃つこと。「発火信号」
火うち石で出したを移し取るもの。火口(ほくち)。
神経細胞刺激が加わり、活動電位が生じること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はっか【発火】

( 名 ) スル
火を発すること。燃え出すこと。 「自然-する」 「ガソリンを-させる」
銃砲に火薬だけをこめて空砲を打つこと。 「 -信号」
火口ほくち

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の発火の言及

【燃焼】より


[燃焼の発生]
 燃焼を時間的な経過からみると,これは燃焼形式のいかんにかかわらず,燃焼の発生と継続の二つの過程に分かれ,それぞれ異なった特性を示す。燃焼の発生は発火(着火,点火)と呼ばれ,これには自然発火と口火による発火の二つの形式がある。前者は,可燃性の混合系または可燃性の物質が酸化性雰囲気内で,みずから燃えはじめる現象を指す。…

※「発火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

発火の関連キーワードジアゾジニトロフェノール(データノート)ピクリン酸(データノート)centrefireトラッキング火災自然発火性物質ディーゼル指数禁水性物質黄燐マッチ火打ち金船舶信号セタン価火鑽り臼火鑽り杵自然発火セリウム火打ち石ガソリン通電火災坑内火災火打石

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発火の関連情報