コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灯心草 トウシンソウ

デジタル大辞泉の解説

とうしん‐そう〔‐サウ〕【灯心草】

藺(い)の別名。茎髄が灯心に利用され、また漢方で、利尿消炎鎮静薬などに用いる。とうしんぐさ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

灯心草 (トウシングサ・トウシンソウ)

植物。イグサ科の多年草,薬用植物。イの別称

灯心草 (トウシングサ)

植物。イグサ科の多年草。ホソイの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

灯心草の関連キーワードイ(藺)和蝋燭