灰白(読み)かいはく

  • かいはく クヮイ‥
  • かいはく〔クワイ〕
  • はいじろ はひ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「其の齢ひ既に六十余歳頭には灰白の軽髪を戴けども」 〔古今注‐魚虫〕
〘形動〙 灰色がかった白色のさま。
※銀の匙(1913‐15)〈中勘助〉前「小さな蛾が灰白の翅をふるって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android