コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炙甘草 しゃかんぞう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

しゃかんぞう【炙甘草】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。マメ科カンゾウの根をあぶったもの。鎮静鎮痛鎮咳(ちんがい)などの作用がある。不整脈心臓神経症動悸(どうき)息切れに効く炙甘草湯(とう)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

炙甘草の関連キーワード麦門冬熟地黄煎じ薬麻子仁

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android