コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炙甘草湯 しゃかんぞうとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

しゃかんぞうとう【炙甘草湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)炙甘草人参(にんじん)桂枝(けいし)または桂皮(けいひ)麻子仁(ましにん)大棗(たいそう)地黄(じおう)麦門冬(ばくもんどう)阿膠(あきょう)生姜(しょうきょう)などを含む。不整脈心臓神経症動悸(どうき)息切れなどに用い、疲れやすい、便秘がち、皮膚の乾燥といった症状をともなうとき、とくに有効とされる。比較的体力の衰えている人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

炙甘草湯の関連キーワード熟地黄煎じ薬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android