茶湯一会集(読み)ちゃのゆいちえしゅう

大辞林 第三版の解説

ちゃのゆいちえしゅう【茶湯一会集】

江戸時代の茶書。井伊直弼著。茶事における主客の所作を順次記したもの。一期一会の理念を説いて近世茶道の一到達点を示す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茶湯一会集
ちゃのゆいちえしゅう

茶法の書、井伊宗観(いいそうかん)(直弼(なおすけ))の著。彦根(ひこね)藩主であった直弼は、「埋木舎(うもれぎのや)」で不遇をかこっていた若年に石州(せきしゅう)流の茶法を学んだが、その間に多くの茶書を渉猟(しょうりょう)し、さらに『南方録(なんぽうろく)』を通じて千利休(せんのりきゅう)や南坊宗啓(なんぼうそうけい)、また山上宗二(やまのうえそうじ)に通じる茶の精神を体得していった。その結果、茶の湯本来のあるべき姿を論理的に記述したのが本書である。本書は1848年(嘉永1)以前に一度草稿を書き上げ、その後も推敲(すいこう)を重ねて、58年(安政5)に完本となしたものと考えられる。茶の湯の心得は「一期一会(いちごいちえ)」と「独座観念(どくざかんねん)」の語に集約されると説き、そのためには、主客の約束、前礼(ぜんれい)、着服、懐中(かいちゅう)物、露地(ろじ)や数寄屋(すきや)の扱い、道具、懐石(かいせき)など、茶席全般にわたる細かい心配りが必要であると述べている。[筒井紘一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゃのゆいちえしゅう ‥イチヱシフ【茶湯一会集】

江戸末期の茶書の一つ。一巻井伊直弼著。弘化二年(一八四五)頃成立。茶の湯の心得は一期一会(いちごいちえ)に帰着するとし、石州流の茶人としての井伊宗観(直弼の茶名)の見識を述べたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android