炭酸泉(読み)たんさんせん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 二酸化炭素に富む鉱泉。主として冷鉱泉で、固形成分の種類や量によって単純炭酸泉(単純二酸化炭素温泉)、重炭酸土類泉(カルシウム・炭酸水素塩泉、マグネシウム・炭酸水素塩泉)、純重曹泉(ナトリウム・炭酸水素塩泉)などに分ける。
※舎密開宗(1837‐47)内「鉱泉にも自ら炭酸瓦斯を含む者あり 炭酸泉と名く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炭酸泉の関連情報