コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭酸脱水酵素 たんさんだっすいこうそcarbonic anhydrase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭酸脱水酵素
たんさんだっすいこうそ
carbonic anhydrase

炭酸と二酸化炭素の平衡化の反応 H++HCO3-⇔CO2+H2O を加速する酵素。動物組織のほか,植物,微生物に広く分布し,ことに赤血球,肺,胃粘膜などでよく研究されている。上記の反応は酵素なしでも進行するが,この酵素によって大いに加速され,末梢組織と血液の間,また血液と肺の間での二酸化炭素 (炭酸ガス) の交換に,生理的意味をもつ。また胃壁では左向きの反応によって,胃液中の酸分泌に役割を果していると考えられる。赤血球の酵素は分子量約3万で亜鉛1原子を結合している。代謝回転速度の最も速い酵素の一つとして知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たんさん‐だっすいこうそ【炭酸脱水酵素】

動物の体内に存在し、炭酸二酸化炭素と水に分解する、亜鉛を含む酵素。逆の反応で二酸化炭素を炭酸に変換することもでき、組織から二酸化炭素を運び出したり、肺で変換した二酸化炭素を排出したりするはたらきをもつ。炭酸デヒドラターゼカルボニックアンヒドラーゼ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

炭酸脱水酵素の関連キーワード慢性閉塞隅角緑内障、慢性開放隅角緑内障の治療カルボニック・アンヒドラーゼヒドロクロロチアジドハンブルガー現象周期性四肢まひアセタゾラミド