点を打つ(読み)テンヲウツ

大辞林 第三版の解説

てんをうつ【点を打つ】

非難する。欠点をいい立てる。 「円満不可思議の御姿で何一つ点の打ち処も無いが/一隅より 晶子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん【点】 を打(う)

① 詩歌・文章・書などを批評したり訂正したりして評点をつける。批点(ひてん)をつける。点を掛ける。〔文明本節用集(室町中)〕
※妻木(1904‐06)〈松瀬青々〉夏「朱を研で書に点うつや薬の日」
欠点を指摘する。悪い点を言い立てる。非難する。そしる。
※三河物語(1626頃)三「我家にて、汝に武辺にてんうつ者は有間敷に」
③ 記号としての点をつける。
※日本書紀桃源抄(15C後)「大師の筆を下からなげて点を打て太の字となすぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

点を打つの関連情報