コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川四郎 はせがわ しろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川四郎 はせがわ-しろう

1909-1987 昭和時代の小説家,翻訳家。
明治42年6月7日生まれ。林不忘(ふぼう)の弟。満鉄などにつとめる。第二次大戦で召集され,シベリアに抑留される。昭和25年帰国。その経験をもとに「シベリヤ物語」「鶴」をまとめる。翻訳「デルスウ・ウザーラ」「パスキエ家の記録」などのほか,詩,戯曲もある。法大教授。昭和62年4月19日死去。77歳。北海道出身。法大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

長谷川四郎【はせがわしろう】

小説家,翻訳家。函館生れ。法政大独文科卒。長兄海太郎は作家牧逸馬(いつま)。満鉄社員として中国で勤務,アルセーニエフ《デルス・ウザーラ》を翻訳。応召後,ソ連軍の捕虜となりシベリアに抑留。
→関連項目林不忘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

はせがわしろう【長谷川四郎】

1909~1987) 小説家。北海道生まれ。林不忘の弟。法大卒。シベリア抑留体験に取材した作品やデュアメルの翻訳で知られる。代表作「シベリア物語」「鶴」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長谷川四郎
はせがわしろう
(1909―1987)

小説家、翻訳家。函館(はこだて)生まれ。作家林不忘(ふぼう)(別名谷譲二(じょうじ)、牧逸馬(まきいつま))の弟。法政大学独文科卒業。満鉄調査部、満州国協和会調査部などに勤務。敗戦の前年、35歳のとき陸軍から召集を受け、ソ満国境監視哨(しょう)に配置される。戦後は5年間シベリアの俘虜(ふりょ)収容所に抑留された。1950年(昭和25)41歳で帰国。ただちにジョルジュ・デュアメルの『パスキエ家の記録』全10巻(1950~52)の翻訳に着手した。翌年から『近代文学』に『馬の微笑』に始まる一連の「俘虜もの」を連載、のちこれを『シベリア物語』(1952)にまとめた。この連作には感傷を抑制した静謐(せいひつ)な文体で過酷な俘虜生活の日常が淡々と語られており、その茫漠(ぼうばく)とした野性味と清冽(せいれつ)な印象が、異色の戦後派として静かなブームをよんだ。同じ主題の短編集に『鶴』(1953)、『赤い岩』(1954)がある。『無名氏の手記』(1954)、『阿久正(あくただし)の話』(1955)では、民衆の目を通して現代を批判的に描く手法を試みた。著書はほかに『通り過ぎる者』(1958)、『トロワ・コント』(1959)、『ベルリン物語』(1961)、『模範兵隊小説集』(1966)、『ボートの三人』(1971)など、翻訳もアラン・フルニエ『グラン・モーヌ』(1952)、アンリ・アレッグ『尋問』(1958)など多数ある。[古林 尚]
『『長谷川四郎全集』全16巻(1976~78・晶文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

長谷川四郎の関連キーワードアジア・アフリカ作家会議キューバの恋人長谷川 四郎デュアメル昭和時代小説家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長谷川四郎の関連情報