コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為哥可君 いかかのきみ

1件 の用語解説(為哥可君の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

為哥可君 いかかのきみ

日本書紀」にみえる官吏。
河内直(かわちのあたい)の先祖たちにそそのかされ,国難を憂慮せず暴虐をかさねたため任那(みまな)(朝鮮)日本府から放逐されたという。のちの欽明(きんめい)天皇5年(544)日本府で親新羅(しらぎ)の立場をとる河内直を百済(くだら)(朝鮮)の聖明王が非難したとき,引き合いにだされた。紀大磐(きの-おいわ)と同一人物ともされる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

為哥可君の関連キーワード日本書紀通釈日本書紀通証五十河媛淤宇宿禰凡河内香賜弟媛(1)河俣毘売櫛明玉神埴安媛弓削豊穂

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone