コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暴虐 ボウギャク

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐ぎゃく【暴虐】

[名・形動]むごいことをして人を苦しめること。また、そのさま。「暴虐の限りを尽くす」「暴虐な政治」
[派生]ぼうぎゃくさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうぎゃく【暴虐】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
乱暴で残虐なこと。荒々しい振る舞いで人を苦しめること。また、そのさま。 「 -な君主」 「 -を尽くす」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

暴虐の関連キーワードクズネツォフ(Anatoliy Vasil'evich Kuznetsov)クライン(Abraham Moses Klein)ウォルフ(Friedrich Wolf)暴を以て暴に易え、その非を知らずエイブラハム・M. クラインアナトリー クズネツォフT.E. ヘイドンサン・ポル・ルーリチャード3世『走れメロス』十三人の刺客アイバンホー冬の夜ばなしフォーカスハイドゥク宣王[周]ゼパニヤ書ハバクク書草莽雑誌為哥可君

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

暴虐の関連情報