コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為子内親王 ためこないしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

為子内親王 ためこないしんのう

?-899 平安時代前期,光孝天皇の第19皇女。
母は班子(はんし)女王。寛平(かんぴょう)3年内親王,9年醍醐(だいご)天皇の妃となる。昌泰(しょうたい)2年3月14日勧子(かんし)内親王を生んですぐに死去。

為子内親王 いしないしんのう

ためこないしんのう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

為子内親王

没年:昌泰2.3.14(899.4.27)
生年:生年不詳
平安前期の光孝天皇班子女王の皇女,醍醐天皇妃。贈一品。光孝の即位後源姓になるが,兄宇多天皇即位後内親王に戻る。寛平9(897)年7月3日甥の醍醐が元服し即位した夜,副臥として入内。2年後出産に際し,死去。宇多天皇と母班子女王が,藤原基経の娘穏子の入内を拒絶して為子を妃にしたため,穏子の母(人康親王の娘)の霊が為子に祟ったとの風説が立った。

(服藤早苗)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

為子内親王の関連キーワード勧子内親王しん

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android