コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光孝天皇 こうこうてんのう

7件 の用語解説(光孝天皇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光孝天皇
こうこうてんのう

[生]天長7(830).京都
[没]仁和3(887).8.26. 京都
第 58代の天皇 (在位 884~887) 。名は時康,小松帝とも称する。仁明天皇の第3皇子,母は贈皇太后藤原沢子。即位以前に,常陸太守,中務卿,上野太守,大宰帥,式部卿などを歴任し,元慶8 (884) 年即位。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうこう‐てんのう〔クワウカウテンワウ〕【光孝天皇】

[830~887]第58代天皇。在位、884~887。仁明天皇の第3皇子。名は時康。太政大臣藤原基経の支持によって即位。小松の帝

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

光孝天皇【こうこうてんのう】

仁明(にんみょう)天皇第3皇子。884年―887年在位。藤原基経(もとつね)の意向により55歳で即位。政治は基経を通して奏上させる形を取り,これが実質的な関白の初めとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光孝天皇 こうこうてんのう

830-887 平安時代前期,第58代天皇。在位884-887。
天長7年生まれ。仁明(にんみょう)天皇の第3皇子。母は藤原沢子。陽成(ようぜい)天皇の譲位をうけて,元慶(がんぎょう)8年55歳で即位。政治の実権は先帝時代からひきつづき藤原基経(もとつね)がにぎり,実質上の関白として天皇もすべてを基経に諮問した。在位3年にして,仁和(にんな)3年8月26日死去。58歳。墓所は後田邑陵(のちのたむらのみささぎ)(京都市右京区)。諱(いみな)は時康(ときやす)。別名に小松帝。
【格言など】君がため春の野に出でて若菜摘むわが衣手に雪は降りつつ(「小倉百人一首」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

光孝天皇

没年:仁和3.8.26(887.9.17)
生年:天長7(830)
平安前期の天皇。仁明天皇と贈太政大臣藤原総継の娘沢子の子。諱は時康。16歳で元服,上野大守,常陸太守など親王任国の長官を歴任(いずれも遥任),嘉祥2(849)年渤海国大使の王文矩が必ず天子の位につく相であるといった話はよく知られる。天慶8(945)年2月,55歳という高齢で即位したが,これは藤原基経の推すところであったため,在任中は基経を事実上の関白とし,最大限の権限を与えている。在位3年で病気となり,再び基経の協力を得て,臣籍に下っていた第7皇子の源定省(のちの宇多天皇)を親王に復し,皇太子に立てた。『古今集』に歌2首が収められている。墓は,後田邑陵(小松山陵)といい,当時8カ寺を壊して造られた。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうこうてんのう【光孝天皇】

830~887) 第五八代天皇(在位884~887)。名は時康。小松の帝とも。仁明天皇の皇子。藤原基経の支持によって即位。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光孝天皇
こうこうてんのう
(830―887)

第58代天皇(在位884~887)。仁明(にんみょう)天皇第3皇子。母は従(じゅ)五位上紀伊守(きいのかみ)藤原総継(ふさつぐ)の女(むすめ)沢子(たくし)。諱(いみな)は時康。文徳(もんとく)、清和(せいわ)、陽成(ようぜい)の歴代3帝に仕え、一品式部卿(いっぽんしきぶきょう)となっていたが、宮中の乱脈粛正の意図をもって陽成天皇が廃されたあと、藤原基経(もとつね)の推挙により即位した。基経とは外戚(がいせき)関係になく、才識、人品を見込まれた擁立であり、基経の公正な態度に世人が感服したという。天皇は基経の推戴(すいたい)の功に報いるため、「奏すべき事、下すべき事、必ず先(ま)ず諮稟(しりん)せよ」との勅書を下し、関白の文字はないものの、事実上関白の職を命じた。皇嗣(こうし)についても基経にゆだねたが、基経は天皇の意をくみ、源定省(さだみ)(宇多(うだ)天皇)を推薦した。[森田 悌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光孝天皇の関連キーワード九条院藤原師実天長梅宮大社田口真中藤原実行藤原沢子藤原順子藤原長良源多

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光孝天皇の関連情報